TechAcademy(テックアカデミー)の評判は?スキルに合わせて選べるコースが豊富

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
techacademy

最近CMでもよく見かけるTechAcademy(テックアカデミー)。オンラインで受けられるプログラミングスクールも最近増えますし、どのスクールもしっかり受講すると20万円前後にもなるので、しっかり比較検討したいですよね。

TechAcademy(テックアカデミー)の総評

  • 料金は若干高い部類
  • オンライン完結型で不明点はメンターとのレッスン時に解決するスタイル
  • カリキュラムにオリジナルサービス開発あり
    → 転職活動に活用できる

結論を言うとよく比較されるCodeCampなどと比べると、料金は若干高めです。しかしオリジナルサービス開発を含むカリキュラムのため、スキル習得だけでなく、転職活動やフリーランスで営業をかける際の、実績作りまでサポートしてくれますよ。

オンライン完結型のプログラミングスクールの中でも、進捗管理の役割を担う専任のメンター(講師)を構えて運営しているので、学習へのモチベーションが続きやすいのも特徴です。

TechAcademyの特徴・概要まとめ

TechAcademy(テックアカデミー)はオンラインに特化したプログラミングスクールです。チーム開発を見据えてGitやHerokuなどのツールも学ぶので、転職先で使える実践的な開発環境を含めたスキルを身に着けられますよ。

またTechAcademyでは、転職希望者向けに3カ月でエンジニアへの転職を目指すコース「TechAcademy Pro」があります。転職保証付きサービスなので、本気で転職を目指す方はおすすめです。

techacademy
TechAcademy
学習をサポートするメンターが優秀なオンライン完結型のプログラミングスクール。
techacademy pro
TechAcademy Pro
エンジニアへの転職を3カ月で叶える、転職保証付きのオンライン完結型スクール。

TechAcademyの料金

4週間プラン
(メンタリング:7回)
149,000円
8週間プラン
(メンタリング:15回)
199,000円
12週間プラン
(メンタリング:23回)
249,000円
16週間プラン
(メンタリング:31回)
299,000円

コースはプログラミング系が18種、デザイン系4種、マネジメント系2種、その他2コースに分かれており料金は、受講期間によって変動します。

  • プログラミング(18種)
  • デザイン(4種)
  • マネジメント(2種)
  • オフィス
  • トレーニング

オンライン完結で不明点を講師(メンター)に質問する形式なので、十分質問ができる12週間プラン以上を選ぶことをお勧めします。

※ただしオフィスとトレーニングは、料金設計が異なるので後ほど解説します。

TechAcademyはオンライン完結型のプログラミングスクールの中でも、比較的高めの設計です。人気のスクールと比較すると以下のようになります。

TechAcademyCodeCampTech CampWEB CAMPtech boost侍エンジニア塾
入会金無料30,000円148,000円200,000円184,800円29,800円
金額総額受講料総額受講料総額受講料総額受講料総額受講料総額
1カ月149,000円無料149,000円無料200,000円29,800円214,600円69,800円99,600円
2カ月199,000円148,000円178,000円14,800円162,800円19,800円219,800円59,600円244,400円
3カ月249,000円29,600円177,600円39,600円239,600円89,400円274,200円198,930円228,730円
4カ月299,000円248,000円278,000円44,400円192,400円59,400円259,400円119,200円304,000円
5カ月368,000円59,200円207,200円79,200円279,200円149,000円333,800円
6カ月437,000円298,000円328,000円74,000円222,000円99,000円299,000円178,800円363,600円283,860円313,660円

TechAcademyの料金で目立つ特徴は、入会金が無料であること。また学習期間は1カ月(4週間)区切りのため、確保できる学習時間に合わせてプランを選べるのも魅力です。

TechAcademyは学割が効くから安い

4週間プラン
(メンタリング:7回)
129,000円
8週間プラン
(メンタリング:15回)
159,000円
12週間プラン
(メンタリング:23回)
189,000円
16週間プラン
(メンタリング:31回)
219,000円

TechAcademyはオンライン型のプログラミングスクールの中でも珍しい、学割の効くサービスです。

契約するプランが長期であるほど、割引額が大きくなりますよ。

  • 4週間プラン:2万円割引
  • 8週間プラン:4万円割引
  • 12週間プラン:6万円割引
  • 16週間プラン:8万円割引

学割が対象のサービスでの比較は以下です。

TechAcademytech boost侍エンジニア塾
入会金無料147,800円29,800円
金額総額受講料総額受講料総額
1カ月149,000円29,800円177,600円69,800円99,600円
2カ月199,000円59,600円207,400円
3カ月249,000円89,400円237,200円169,091円198,891円
4カ月299,000円119,200円267,000円
5カ月368,000円149,000円296,800円
6カ月437,000円178,800円326,600円227,088円256,888円

最大118,000円お得になるセット割り

TechAcademyで複数のコースを受講したい場合、セット割りを申し込みましょう。最大118,000円もお得になりますよ。

2セット割

8週間プラン
(メンタリング:14回)
社会人:268,000円
(30,000円 割引)
学生:228,000円
(30,000円 割引)
12週間プラン
(メンタリング:22回)
社会人:308,000円
(40,000円 割引)
学生:258,000円
(30,000円 割引)
16週間プラン
(メンタリング:30回)
社会人:348,000円
(30,000円 割引)
学生:278,000円
(40,000円 割引)
24週間プラン
(メンタリング:46回)
社会人:438,000円
(60,000円 割引)
学生:328,000円
(50,000円 割引)

3セット割

24週間プラン
(メンタリング:45回)
社会人:479,000円
(118,000円 割引)
学生:399,000円
(78,000円 割引)

ただし通常の学習コースと比べ、短期間に多くの学習を詰め込むことになります。そのため学習の時間をどれだけ確保できるか事前に確認しましょう。1週間の学習時間の目安は以下です。

  • 8週間(2セット):40~50時間
  • 12週間(2セット):27~35時間
  • 16週間(2セット):20~25時間
  • 24週間(2セット):13~15時間
  • 24週間(3セット):18~20時間

TechAcademyのコース

TechAcademyのコースは大きく分けて以下の3つに分かれており、その中でさらに細分化しています。

プログラミング

  • Webアプリケーションコース
  • PHP/Laravelコース
  • Javaコース
  • フロントエンドコース
  • WordPressコース
  • Androidアプリコース
  • Unityコース
  • はじめてのプログラミングコース
  • ブロックチェーンコース
  • スマートコントラクトコース
  • Pythonコース
  • AIコース
  • データサイエンスコース
  • Scalaコース
  • Node.jsコース
  • Google App Scriptコース

デザイン

  • Webデザインコース
  • UI/UXデザインコース
  • 動画編集コース
  • 動画広告クリエイターコース

マネジメント

  • Webディレクションコース
  • Webマーケティングコース

オフィス

  • Excel2013コース

トレーニング

  • HTML/CSSコース
  • Bootstrapコース
  • GitHubトレーニング
  • Photoshopトレーニング

プログラミングのコース

かなり種類が豊富なので、今回はプログラミング初心者におすすめのコースのみをご紹介します。

  • 初めてのプログラミングコース
  • Webアプリケーションコース
  • フロントエンドコース

比較的プログラミングの基礎的な部分を学ぶコースなので、これらで得たスキルをベースに次のコースを受講することをおすすめします。その中でも初めてのプログラミングコースが最も基礎的なカリキュラムです。

初めての
プログラミングコース
Webアプリケーション
コース
フロントエンド
コース
難易度★★☆☆☆★★★★☆★★★★☆
実施課題HTML/CSSでのWebサイト作成
PHPプログラミング
SQLでDB作成
本棚サイトの作成
メッセージボード作成
Twitterクローンサイト
楽天APIを使ったシェアサービス
オリジナルサービス
アニメーションを使ったWebサイト作成
APIを使ったWebサイト作成
リアルタイムチャット
オリジナルサービス
習得スキルHTML/CSS
PHP
データベース基礎
PHPとDBの連携
Webサービス構築基礎
HTML/CSS
Bootstrap
Git
PHP(Ruby on Rails)
Webサービス構築基礎
HTML/CSS
JavaScript/jQuery
Bootstrap
AjaxでのAPI連携
Webサービス構築基礎

わたし自身がフリーランスとして活動していた際、最も案件として多かったのがHTML・CSSでのWebサイト構築です。基礎的とはいえ十分実践で使える内容ですので、これらのコースで得たスキルを元に新しいスキルを身に着けていきましょう。

デザインのコース

デザインコースは大まかに分けるとWebデザインと動画制作に分かれています。Webデザインの基礎を学びたいなら、UI/UXデザインよりも基礎的なことを学べるWebデザインコースを受講しましょう。動画制作については制作物に応じて受講すべきコースを選定してください。

WebデザインコースUI/UXデザインコース動画編集コース動画広告クリエイターコース
デザインの基礎(レイアウト・配色・タイポグラフィ)
Webデザインの基礎(ワイヤーフレーム等Webの設計やモバイルデザイン理解)
Photoshopでの画像加工、デザインカンプ作成
コーディングの基礎(HTML・CSS・jQuery)
制作環境の構築(Sass)
Sketch(ワイヤーフレーム・デザイン)
Photoshopでの画像加工
プロトタイプ作成
ペルソナ・カスタマージャーニーマップの設計
デザインガイドの理解
アプリのデザイン
Premiereでの動画編集基礎(カット編集)
アニメーション演出基礎(インサートやワイプなど)
動画の撮影基礎
動画広告のプラットフォーム理解
動画広告のデザイン・構成
クライアントディレクション
After Effectの基本操作
コースごとの習得スキル

マネジメントのコース

マネジメントはWebディレクターやWebマーケターを目指すコースです。WebディレクターとWebマーケターの違いは以下のようにイメージしてください。

  • Webディレクター:Web制作のプロジェクトを円滑に進め、企画・制作などを統括する役割。
  • Webマーケター:Web広告を活用し集客を担当する役割
WebディレクションコースWebマーケティングコース
Webディレクションの基礎
プロジェクトマネジメントの基礎
提案書・設計書の作成スキル
ワイヤーフレームの作成スキル
Webマーケティングの基礎
Google Analyticsでのサイト分析
SEOの理解とオペレーション
Web広告の基礎と運用スキル(リスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告)
マネジメントコースの習得スキル

その他コース:オフィスとトレーニング

これまで説明してきたコースの他にExcelの実務スキルや、一部の専門スキルのみを学べるコースが用意されています。以下のスキルのみ習得したい場合は、安めのコースを受講できます。

オフィストレーニング
Excel2013コースHTML/CSSBootstrapGithubPhotoshop
69,000円社会人:49,000円 / 学生:39,000円

転職を目指すならTechAcademy Pro

techacademy pro

TechAcademyでは、エンジニアへの転職希望者向けのサービスを用意しています。通常のプランと異なるのが、転職保証付きのサービスであることです。

転職への保証が付くにも関わらず、同じ12週間での値段は298,000円とそれほど差がないので、本気で転職したいなら、こちらのコースを受講しましょう。

料金学習期間対象年齢
298,000円3ヶ月
(学習時間の目安:300時間)
20~32歳

通常のオンライン学習に加えて、以下の転職保証サービスを受けられます。

  • 専任メンターとの転職カウンセリング(1回30分)
  • 学習プログラム修了後の6ヶ月間、企業面談を内定が出るまで実施
  • 内定が出ない場合、受講料を全額返金

転職保証付きのプログラミングスクールの中では安いので、対象年齢の32歳以下の方にはかなりおすすめですよ。

TechAcademy
Pro
CodeCamp
GATE
DIVE INTO CODE
Webエンジニアコース
DMM WEBCAMP
COMMIT
侍エンジニア塾
転職コース
298,000円478,000円197,000円
※給付金申請必要
350,800円
※給付金申請必要
256,000円
転職保証付きプログラミングスクールの料金比較

30歳以上の転職保証を行っているプログラミングスクールはほとんどありません。上記の中で32歳以上の転職保証があるのは、DIVE INTO CODE Webエンジニアコースのみです。

DIVE INTO CODE Webエンジニアコース:https://diveintocode.jp/web_engineer_job

転職保証を受けるための条件

転職保証を受けるには、20歳以上32歳以下の年齢制限に加えて以下の条件があるのでご注意ください。

  • 新卒での就職は対象外、転職希望者のみ
  • 東京での勤務が可能
  • エンジニアとして転職の意思がある
  • 受講期間中に転職活動をする意思がある
  • 学習時間を300時間以上確保
    (1〜6週目:160時間、7〜10週目:100時間、11〜12週目:40時間)
  • マンツーマンメンタリングを全て欠席なく実施
  • 6週間までJavaコースの全課題を終了
  • 全ての課題に合格
  • 企業面接設定後に無断キャンセルがない

中でも300時間以上の学習時間の確保は、現職とのバランスを考慮せねばなりません。1週間当たり20~25時間の確保。例えば土日に5時間ずつ学習したとしても、平日に3時間程度の学習時間が必要です。

企業と生徒両者のコミットがあるからこそ、プログラミング初心者でもエンジニアへの転職を実現させています。学習プログラム修了後、6ヶ月は転職支援を受けられるので、転職へのサポートはとても手厚いです。

TechAcademyの良い評判

TechAcademyの魅力は現役エンジニアの専属のメンターがつくこと。専属のメンターを通して、学習のプランニング→メンタリング→宿題のサイクルで学習をします。

メンターは疑問を解決するだけでなく、進捗管理役にもなってくれるので、良い評判には以下のようなものが多くありました。

  • 強制的に学習環境を作れる
  • チャットですぐに不明点を解消できる
  • 成果物の課題を通して自身がつく

強制的に学習環境を作れる

一人で学習をするとどうしても怠けてしまって、テキストを買っても長続きしませんでした。

レッスン時に課題のフィードバックだけでなく、次回の目標まで設定してくれるので「やらねば感」がでましたね。

自然と学習サイクルが定着しました。
デザインをたく さん
26歳:Webデザイナー
テキストが難しくて躓くことが多かったですが、優しいメンターさんのおかげで乗り切れました。

担当の方も未経験からエンジニアになった方で、自身の経験をもとにフィードバックしてくれたので、できなくても変にネガティブにならずに継続できました。
ありむら さん
24歳:元飲食店勤務

TechAcademyのメンターは学習時の疑問を解決するサポート役だけではありません。学習の進捗を管理してくれるからこそ、学習へのモチベーションが続きます。自分だけでは学習を続けられない方でも「強制的に学習する環境」を作れるのが大きなメリットですね。

チャットで不明点をすぐに解消できる

仕事の幅を広げるために利用していたのですが、帰宅も遅くだったので空いた時間で質問できるチャットがありがたかったです。

隙間時間を使って疑問を解消→自己学習のサイクルが作れたので、学びやすかったです。
ちな さん
22歳:エンジニア
手を動かして覚えることが多かったので、Slackで気軽に質問できるのが良かったです。

無駄なことを調べずに済んだので、少ない時間を有効活用して、プログラミングに集中できていました。

メンターからのレスがとにかく早かったです。
ガッツ さん
29歳:フリーランス

TechAcademyのチャットサポートは、他のサービスと比べると質が良くとにかくレスポンスが早いです。5~10分ほどで回答が返ってくるので、学習を止めずにストレスなくプログラミングに励めますよ。

学習し始めは僅かなミスに気付きにくいので、時間を浪費してしまうこともしばしばあります。15:00~23:00の時間帯でメンターが回答してくれるので、不明点があればバンバン質問しましょう。

成果物の課題を通して自身がつく

もともとprogateなどで独学で学んでいましたが、学習効率を上げようと受講を決めました。

カリキュラムの課題を通して実務で使うツールを使うので、より実践を行っている感じがします。

就職のために受講を決めたので、しっかりアピールできそうです。
tomato さん
22歳:大学生
プロの方のフィードバックをもらいながら課題を進められるので、自分のスキルに自信を持てます。

ワンオンワンでしっかりフィードバックしてくれるので、自分の足りていない部分も見つけやすいですし、ナレッジが溜まりやすいです。
ガッツ さん
26歳:会社員

TechAcademyではレッスン毎の課題を提出すると、メンターが課題をチェックしてきっちりレビューを返してくれます。合格ラインだったとしても、さらに細かい指摘を行ってくれるので、より高いナレッジを身に着けられます。

また課題の提出はSlack・Gitなどで行うので、現場で使う制作環境に慣れることもできますよ。

TechAcademyの悪い評判

オンライン完結型のため、受講者によってはあまりマッチしない方も多くいらっしゃいます。悪い口コミ・評判として以下のようなものがありました。

  • メンターの質が悪い
  • 受け身でいたら学習が進まない
  • 課題の難度が高く挫折した

メンターの質が悪い

テックアカデミーのメンターさんとの相性最悪でした…。受け答えはっきりしてくれなくて、ストレスがたまりました。

心苦しかったですが、メンターさんを変えてもらって、受講を進めました。
テプコ さん
24歳:フリーター
とにかく雑でした。チャットで質問しても、サイトのURLが送られてきて、これ見といてください。初歩的なことからわからないので、もっと丁寧に教えて欲しい。

これでお金取られるのは残念過ぎます。
ゴリ さん
28歳:ブロガー

課題への疑問や質問をメンタリングで解消できるのが、TechAcademyの醍醐味ですが、現役エンジニアがメンターとしてサポートするとはいえ、教育者としてはいまいちな場合もあります。

生徒毎に専属のメンターがつくので、自分から選べるわけではありません。また専属メンターの変更は原則不可なので、ご注意ください。

Q.パーソナルメンターを指名することは可能ですか?後から変更することはできますか?

A.パーソナルメンターの指名および変更は不可となっています。ご希望のメンタリング時間に合ったメンターを担当としてアサインしています。

https://techacademy.jp/faq

規約にメンターの変更不可の記載があるものの、変更をしてもらった事例もあるので、相性が悪いと思ったら運営側に問い合わせしましょう。長期間学習を共にするパートナーだからこそ、学習を継続できないなら問い合わせるべきです。

受け身でいたら学習が進まない

メンターさんと話したけど、坦々と話をされて10分くらいで終わってしまった。

あらかじめ聞きたいことをまとめておかないと、時間を有効活用できないな。受け身はダメ。
よねまる さん
30歳:会社員

TechAcademyは基本的にカリキュラムに沿って学習が行われます。あらかじめ自己学習や課題の不明点をまとめておかないと、淡々とカリキュラムを沿うのみで、学習効率が悪くなってしまいます。

メンタリングの時間を最大限有効活用して、フィードバックをもらえるように準備を進めましょう。

課題の難度が高く挫折した

課題がとにかく難しいです。テキストでの自己学習が基本なのですが、課題に入るとテキストのどの部分を使ってクリアするのか理解できずでした。

モチベーションが続かず、学習時間も思うように確保できず、挫折しました。
あずさ22 さん
32歳:会社員

TechAcademyのオンライン学習は基本的にテキストの学習と、実際にコードを書いてみて動きを見て覚える学習スタイルです。書いて覚えることを重要視しているため、プログラミングを動かすための手順が全て書かれているわけではありません。

そのため、自分で調べて解決したり講師に質問して解決することは必ずあります。プログラミング初心者向けの難易度ではあるものの、しっかり学習時間を確保しないと身につかないことを念頭に置きましょう。

TechAcademyと他のプログラミングスクールを比較

TechAcademyを他のプログラミングスクールと比較すると、以下のような特徴が見えますね。オンライン学習への不安を払しょくできる学習面のサポートが手厚い分、料金は高めの設定です。

  • 他のスクールと比べると高い
  • 学習へのサポートが手厚い
    • 専属のメンターが学習をサポート
    • チャットサポートあり
TechAcademyCodeCampTECH CAMP
プログラミング教養
1カ月149,000円148,000円
2カ月199,000円178,000円162,800円
3カ月249,000円177,600円
4カ月299,000円278,000円192,000円
5カ月368,000円207,000円
6カ月437,000円328,000円222,000円
返金保証××7日間返金保証
専属講師指名制×
マンツーマンレッスン×
レッスンの回数
(2カ月比較)
15回20回×
チャットサポート×
営業時間15:00 – 23:007:00 – 23:4010:00 – 22:00

TechAcademyとCodeCampを比較

codecamp

TechAcademyとCodeCampの学習スタイルは非常に似ています。自己学習をベースに講師とのレッスンで疑問を解消するスタイルで、専属講師か否かに違いがあります。

TechAcademyCodeCamp
専属講師指名制
チャットの有無×
レッスンの回数15回20回

TechAcademyは学習へのモチベーションをより維持しやすい

TechAcademyでは講師であるメンターが、受講者の学習の進捗管理役も担います。学習しないといけない環境を作れるという意味でも、モチベーションを維持しやすいです。

またTechAcademyでは、チャットサポートがついています。初心者でのプログラミングは躓きやすいことが多いので、より気軽に質問できるので学習への安心感がありますね。

CodeCampは講師指名制で自由な学習スタイル

CodeCampは良くも悪くもオンラインならではの自由な学習スタイルが魅力です。講師が指名制のため、学習の管理は自分で完結しないといけません。その代わり好きな講師を選べるので、カリキュラム以外の専門知識やスキルをより吸収しやすい環境です。

TechAcademyとTECH CAMPを比較

TECH CAMP プログラミング教養

金額のみで比較すると3か月目以降大きく料金が開きます。このことからもTECH CAMPはかなり格安のプログラミングスクールといえます。また7日間の全額返金保証もあるので、より金銭的に安心して受講に望めます。

TechAcademyCodeCamp
2カ月199,000円162,800円
3カ月249,000円177,600円
4カ月299,000円192,000円

TECH CAMPはチャットサポートのみ

手厚いサポートが魅力のTechAcademyに対してTECH CAMPはチャットサポートのみです。チャットのみでは、不明点を解消するにも手間と時間がかかってしまいます。

「難しくて挫折してしまうかも」と心配するようならTechAcademyを迷わず受講しましょう。

まとめ

TechAcademyはオンライン完結型のスクールの中でも、学習をサポートすることに手厚いプログラミングスクールです。そのため他スクールと比べると料金は高いですが、安心して学習する環境を得るなら選ぶ価値がありますよ。

TechAcademy(テックアカデミー)の総評

  • 料金は若干高い部類
  • オンライン完結型で不明点はメンターとのレッスン時に解決するスタイル
  • カリキュラムにオリジナルサービス開発あり
    → 転職活動に活用できる

またTechAcademyでは、転職希望者向けに3カ月でエンジニアへの転職を目指すコース「TechAcademy Pro」があります。転職保証付きサービスなので、本気で転職を目指す方はこちらを選びましょう。

techacademy
TechAcademy
学習をサポートするメンターが優秀なオンライン完結型のプログラミングスクール。
techacademy pro
TechAcademy Pro
エンジニアへの転職を3カ月で叶える、転職保証付きのオンライン完結型スクール。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。